侍ジャパン 11点爆勝ち発進も勝利のキーマンは誰?



侍ジャパンが開幕キューバ戦で11点をもぎ取り爆勝。
投げては先発石川が先発の役割を果たし、
4番の筒香はここぞのおまたせ弾もありと
いい形で試合を進めました。

侍ジャパンのこの勝利に貢献したの誰?
続くオーストラリア戦でもキーマンとなるのは誰?

そんな侍ジャパンのあれこれを
記事にしています。

スポンサードリンク

・侍ジャパン 11点爆勝発進

侍ジャパンの打線が開幕のキューバ戦で爆発、14安打で11得点を奪い、
キューバの反撃を振り切って11-6で最も大事な初戦を白星で飾りました。

初回に筒香が先制タイムリー。
3回には同点に追いつかれるも
4回には山田の幻のホームラン(二塁打)で勝ち越しに成功。

5回には坂本のタイムリーツーベースの後、
鈴木がファーボールを選び続く松田の3ランホームランが飛び出し、
打者11人の猛攻で5点を加え試合をリードしました。

3点差に迫られた7回に、
筒香が右中間スタンドへ2ランホームランを放ちダメ押し。

先発の石川は4回1失点の好投。
2番手の則本は3失点し降板しましたが、
岡田→平野→秋吉の継投で最後は牧田でゲームセット。

この試合のヒーローは好守に沢山いましたね。

・勝利のキーマンは誰?

一番驚いたのは3ランホームランを含む4安打4打点と大暴れした
松田(ソフトバンク)の活躍です。

この松田選手ですが、
強化試合では打率が低迷していたので、
本番を想定した最後の強化試合となったオリックス戦では、
スタメンを田中(広島)に奪われてしまいました。

この試合もスタメンは本当に松田なのか?
と思いましたが・・・

8番サードでスタメンは松田。

小久保監督も田中か松田かと本当に悩んでいたようです。
試合後も
「悩んでごめんなさい」
と同席した松田に謝っています。

じゃぁ、キーマンは松田じゃないの?
と思いますよね。

でもこの試合、
実は1回のキューバの攻撃が一番のポイントだと
私は思うのです。

先発石川が立ち上がりに先頭のサントスにヒットを許し、
無死一塁から強攻策に出てきたアヤラを三塁へのゴロに仕留めたのですが・・・
ややベース寄りの打球を逆シングルで処理しようとした松田が
グラブに当てながら後ろに逸らし無死一、二塁のピンチに。

そう、あの選手がこの危機を救いました。

それはセカンド菊池(広島)です。

一、二塁間を抜けるかという打球を、
スライディングしながらキャッチすると、
4-6-3のダブルプレーに仕留めました。

小久保監督も
「初回の菊池のプレー。あの併殺が大きかった」と、
真っ先に勝因に挙げていました。

菊池の体を張った
スライディングキャッチからの併殺プレー。

この回を「0」に抑えたのは本当に大きいと思います。

1点リードの3回表、1死三塁のピンチでは、
センター青木がヒット性のあたりをジャンピングキャッチで、
犠牲フライの1点に抑えています。

この2人の好守備がなければ試合の流れは、
もしかしてキューバにいっていたかも知れませんね。

最後に

今日のスタメンはこのように予想します。

1番 山田 DH
2番 菊池 セカンド
3番 青木 センター
4番 筒香 レフト
5番 中田 ファースト
6番 坂本 ショート
7番 鈴木 ライト
8番 松田 サード
9番 小林 キャッチャー
投手 菅野

この試合は前回の強化試合で好投を見せた菅野。
地の利を生かしたナイスピッチングを期待しています。

1番山田の幻ではなく1号ホームランが見れますように。

侍ジャパン頑張れ~

関連記事はこちらから

侍ジャパン キューバ戦は石川がキューバを斬る!?

侍ジャパン メジャーからの助っ人も不安100%?

侍ジャパン 菅野0封で侍お目覚め?

侍ジャパン プレミア12の雪辱へいざ出陣!

侍ジャパン、Fs大谷選手辞退でピンチ、招集される先発投手はCのあの投手に決定!?
侍ジャパンのラスト侍は予想通り田中選手に決定!
侍ジャパン Fs中島選手辞退で最後のラスト侍はCTCuから選出!?

他の記事はこちらから

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ツタヤ
チケットキャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする