球春到来!日本一へ向けた戦いのはじまり 2017年ペナントレースの覇者は? -春キャンプ編②-



球春到来!! 2017年のペナントレース開幕に向け
各チームのキャンプが始まりました。
今年のペナントレースの覇者は・・・
2017年ペナントレースに波乱はあるのか・・・
そんなあれこを春キャンプの状況から
各チームのTopicsや最新情報を記事にしています。
さてさて、前回のパリーグのスローガンに続き、
今回はセリーグのスローガンを紹介しまーす。

【セリーグ】スローガン

○広島東洋カープ

カ舞吼(かぶく)

緒方監督の決意:横一線の競争
ベテランも新人も外国人も全選手結果を出し、
自分の役割を理解している選手を使っていく
ということで「横一線の競争」からはじまる
とのことです。

○東京読売巨人軍

新化

高橋監督の決意:すべてを強化
とにかく選手個々の能力などを常にあげていき、
追い求めていくということでご自身も一番の大きな課題
だったそうです。
そういうところから「すべてを強化」とのことです。

○横浜DeNAベイスターズ

THIS IS MYERA
※これからは俺の時代だ

ラミレス監督の決意:凡事徹底する
昨秋のキャンプ同様の決意テーマとのことで、
去年はあまり、
バントの重要性を認識されておられなかったようです。
優勝するためには細かなところが重要になることから、この決意をもっているとのことです。

○阪神タイガース

挑む Tigers Change

金本監督の決意:がつがつ勝つ
勝ちにこだわり、どういう勝ち方でもガツガツ
勝ちにいくとのことで、チームが勝てるなら、
新しいものやいいものは、
どんどん取り入れていくようです。
まだまだ発展途上のチームであることから、
挑むとのことです。

○東京ヤクルトスワローズ

目を覚ませ! SNAP OUT OF IT 2017

真中監督の決意:個々の鍛錬を
選手一人一人が自主的に考えて、
のぞんでほしいことから「個々の鍛錬」をとのことです。
個々の能力があがることで、
チームの機能向上を期待されています。

○中日ドラゴンズ

原点の回帰 ~ゼロからのスタート~

森監督の決意:楽しく明るく
選手には
「去年の成績を考えて、
目標を持って行動するように」
とお話しされているようです。
同じ厳しいことをやるにも、
「楽しく明るく」やった方がよいとのことです。
各監督の想い選手に伝わるといいですね。

Topics

広島の緒方監督が、
昨シーズン固定しきれなかった
4番を育てる方針を示されたそうです。
昨シーズンは4選手が4番を務め、
最多出場は新井選手だったそうです。
(67試合)
昨シーズンは4番を絶対的な存在=責任
を置かなかったことで、日本シリーズの戦いでは、
このポジションの重要性を痛感されたとのことです。
日本シリーズでは日本ハムの中田選手が
優秀選手賞を受賞されていますので、
4番の差があったことに直結されたとのことです。
こうなると
広島の4番は「丸選手」
かなと考えてしまいますね。

因みにキャンプ地は?

以下の通りです。
広島:日南
巨人:宮崎
DeNA:宜野湾
阪神:宜野座
ヤクルト:浦添
中日:北谷
パリーグの監督からのコメントとは違い、
個人の能力向上を期待されているようですね。
結果的にやはり競争になりますね。
それでは。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ツタヤ
チケットキャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする