侍ジャパン、Fs大谷選手辞退でピンチ、招集される先発投手はCのあの投手に決定!?



この記事では日本ハムファイターズの大谷選手が、
正式に侍ジャパンを辞退されました。
日本ハムファイターズの中島選手が辞退し、
広島東洋カープから田中選手が選出され
揃ったはずの侍・・・
軸になるはずの大谷選手が投手・野手でも辞退の今、
あのチームから選出され投手に決定か・・・
そもそも大谷選手がなぜ辞退したかということを、
おさらいしたます。
辞退の理由は右足首痛とのことです。
なんでも昨年の日本シリーズでの走塁の際、
違和感があったものの、
続けて11月の侍ジャパン強化試合に参加したことで、
かなり悪化したようですね。
投手としては軸足になる右足ですから、
出場するのは難しいだろうとは思っていました。
この侍ジャパン招集云々ではなく、
シーズンにも影響がでないかが心配ですね。。。
そんな中でやはりポテンシャルの高い選手ですから、
首脳陣を含め私たちも野手として期待しますよね。
でも野手で出場となった場合でも
問題はあると思いました。
走るのが厳しい状態で打つだけとなればDHになります。
DHとしては、同じセカンドで広島の菊池選手がいることから
ヤクルトの山田選手の可能性が高いですよね。
でも大谷選手をDHにいれた場合、
どちらかの選手が外れることになります。
そうなった場合、
打つは良いけど走れない大谷選手をDHに入れてまで、
山田選手が外れるのはすごく残念ですよね。
そしてここで重大な事実があります。
WBCの規定で
「投手を13名以上登録しなければならない」
という規程があります。
現状の投手陣は大谷選手を含めて13人ですから、
仮に野手登録に変更した場合、
野手を一人落とさないといけなくなり、
合わせて投手を追加招集しないといけなくなります。
小久保監督も、
良い選手を所属チームからお借りしているわけですから、
招集しておいてけが等の理由もないのに、
落とようなことはしないと思っていました。
日本ハムとしても、
大谷選手のメジャー挑戦を容認しており、
本人もその気で今シーズンを迎えるわけですから、
これ以上怪我を悪化させないようにしたこともあるかと思いますね。
そこで勝手に招集されるであろう選手は、
広島東洋カープ所属の
野村 祐輔(のむら ゆうすけ)選手です。
野村選手は、岡山県倉敷市出身です。
広陵高校へ進学後は1年時からベンチ入りし
3年の第79回選抜高等学校野球大会ではベスト8に進出
夏の第89回全国高等学校野球選手権大会では
1回戦で第86回、第87回、第88回と
夏の甲子園3年連続決勝進出中の駒大苫小牧高校に逆転勝ちし、
準々決勝では今治西高等学校、
準決勝では同年の春夏連覇を目指していた
常葉学園菊川高校に勝利しました。
この勝利で、
「夏の甲子園4年連続決勝進出阻止」

「春夏連覇阻止」
という2つの記録を達成したそうです。
決勝の佐賀北高戦は7回まで被安打1に抑えていましたが、
逆転満塁本塁打を打たれて準優勝されています。
高校卒業後は明治大学に進学され、
巨人の菅野選手、ロッテの藤岡選手と合わせ
「大学ビッグ3」とも言われていたとのことです。
プロでも昨シーズンは16勝3敗の好成績を収められ、
最多勝利と最高勝率のタイトルをとられています。
なので実績からも
野村選手ではないかと思っている次第です。
WBCのメンバー登録は2月6日までとなっています。
あまり時間はないので、
小久保監督も気が気でないとはおもいますが、
決断は必要ですからね。
暇つぶしにどうぞです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ツタヤ
チケットキャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする