選抜高校野球の大阪対決、決勝戦の結果は大阪桐蔭に・・・?!



第89回選抜高校野球大会が行われていますが、
史上初となる大阪対決を制したのは
大阪桐蔭か履正社か?

2012年以来となる決勝順延、
順延なんて関係ねぇ!
同県対決はまさに横綱野球の大阪桐蔭であった・・?!

など色々記事にしたいと思います。

<スポンサードリンク>

選抜2017の決勝戦について

選抜高校野球2017の決勝戦は同県対決となり、
大阪対決となりました。

大阪桐蔭と履正社、
大阪大会でも幾度となく対決しています。

大阪勢同士の決勝は、センバツ史上初となり、
どちらが優勝してもおかしくない、
まさに日本中が注目する一戦です。

過去に同県対決は4回ありましたが、
初の大阪対決が、この一戦ということになります。

1938年(第15回)愛知県 中京商1-0東邦商
1941年(第18回)愛知県 東邦商5-2一宮中(現在の一宮)
1948年(第20回)京都府 京都一商(現在の西京商)1-0京都二商(閉校)
1972年(第44回)東京都 日大桜丘5-0日大三

ズバリ、優勝は大阪桐蔭?!

なんといっても大阪桐蔭の打線がすごい。
1回戦、2回戦で計22点を叩きだし、
まさになにわ風にいうと、
「どつきあい」を制してきました。

その中でも大阪桐蔭の山田選手は、
僅差の試合をものにする値千金のバッティングで、
準決勝では先制点、追加点を奪っていて好調なようです。

対する履正社の打の中心選手、
安田選手も
「東の清宮(早実)、西の安田」
と言われていて負けず劣らず、
前評判通りに調子を取り戻しています。
準決勝ではホームランも打っていますね。

大阪桐蔭の徳山投手がどう抑えるか、
まさにポイントになります。
後は味方打線に任せるしかないので。

あと神宮大会優勝校はセンバツで優勝できない
とジンクスがあるとかないとか。

それと決定的なのは、
大阪桐蔭は春夏通じて甲子園での決勝では
「無敗」
であることも理由になります。

果たしてこのジンクスは本物なのか・・・?

まとめ

履正社の竹田投手の安定感が素晴らしいですが、
大阪桐蔭の徳山投手も準々決勝、準決勝と
2試合完投で相手を封じこめています。

決勝戦はお互いのエースは休めているので、
疲労の影響もほぼ同じと考えていいでしょう。

大阪桐蔭は昨秋の大阪府大会準決勝では、
履正社に7-4で負けていますので、
相当リベンジに燃えているでしょう。

皆さんも楽しみにされている決勝戦。
試合はホームラン一発で決まってしまいそうな、
そんな予感がします。

春夏6度目の「全国制覇」を手に入れる時がついに・・・?!

ナイスゲームを期待します。

[大阪桐蔭-投手のプロフィール]

名前:徳山 壮磨(とくやま そうま)
身長:183cm
体重:73kg
血液型:O型
投打:右右
生年月日:1999年6月6日
出身中学:高丘
中学時代の所属チーム:兵庫夢前クラブ
好きなタレント:西野カナ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ツタヤ
チケットキャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする