コンピュータ使いこなし ~仕事術②~



今回は、前回のExcelに続き
Wordで役立つ小技を紹介したいと思います。
こちらも今さらながらなのですが、
面倒だなぁと思う操作は多々あるとおもいますので、
少しでも役に立てればと思います。
「開く」や「閉じる」「切り取り」やコピー関連は、
Excelと同様ですので、一部省略しています。

ショートカットキー ーその1ー

Ctrl + N
文書を新規作成します。
Ctrl + O(オー)
編集したいファイルを開けます。
Ctrl + W
文書を閉じれます。
Ctrl + D
文字の書式を変更します。
Shift + F3
英字の大文字と小文字の変換ができます。
※先頭から一文字ずつ変換しますので、
何度か押すことになります。
Ctrl + Shift + A
すべての英字を大文字にします。
Ctrl + B
太字に設定を適用します。
Ctrl + U
下線を付けることができます。
Ctrl + [ (始め角かっこ)
フォント サイズを 1 ポイント小さくします。
※対象文字を選択した状態で操作します。
Ctrl + ](終わり角かっこ)
フォント サイズを 1 ポイント大きくします。
※対象文字を選択した状態で操作します。
Ctrl + Shift + N
段落を 標準スタイル に設定します。
Alt + Ctrl + 1
段落を 見出し 1 スタイルに設定します。
Alt + Ctrl + 2
段落を 見出し 2 スタイルに設定します。
Alt + Ctrl + 3
段落を 見出し 3 スタイルに設定します。

Point!

▼オブジェクトを挿入して編集する方法です。
Alt + N を押し、Alt + J を押しますと
[オブジェクト] ダイアログ ボックスが開きます。
その後、
↓キーを押してオブジェクトの種類を選び、
Enter を押してオブジェクトを作成する方法と、
Ctrl + Tab を押して [ファイルから] に切り替え、
Tab を押して挿入するファイル名を入力するか、
ファイルの場所を参照してファイルを選択します。
※これはテキストベースでコマンド実行結果など、
報告書に添付する時に役立ちますよ。

その時は「アイコンで表示」にチェックすることを
忘れずにお願いします。

ショートカットキー ーその2ー

Ctrl + E
テキストを中央揃えにします。
Ctrl + L
テキストを左揃えにします。
Ctrl + R
テキストを右揃えにします。
Ctrl + 1
行間を 1 行に設定します。
Ctrl + 2
行間を 2 行に設定します。
Ctrl + 5
行間を 1.5 行に設定します。
Ctrl + 0 (ゼロ)
段落前の行間を 1 行または 0 行にする。
Ctrl + F2
印刷プレビューを表示します。
※印刷プレビューからもどる時は、
Esc を押してください。

最後に

これらも本当にわかって使っている人には、
「なんだ~」と思わると思いますが、ご容赦ください。
それでは急に寒くなってきましたが、
体調に気を付けて頑張っていきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ツタヤ
チケットキャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする