高見沢俊彦の筋肉がヤバイ!11/30|ダウンタウンDX


高見沢俊彦さんですが、11/30放送のダウンタウンDXで筋肉自慢。

司会の松本人志さんは筋肉マンで有名ですが、高見沢俊彦さんの筋肉がヤバイ!

高見沢俊彦さんはなんと63歳なのですが、ベンチプレス100kgを持ち上げられるんです!

そんな高見沢俊彦さんのヤバイ筋肉を紹介します!

<スポンサードリンク>
スポンサードリンク

高見沢俊彦の筋肉がヤバイ

高見沢俊彦さんですが、「筋トレが趣味」と公言!

過去にバラエティ番組に出演した時には、

日々のトレーニングの1つとしてやっている懸垂を披露して、

その想像を超える腕力が話題になりました。

高見沢俊彦さんですが、ベンチプレス100kgを持ち上げられるんですが、

司会の松本さんと同じ重さなんでよ!

びっくりしますね(笑)

高見沢さんの筋肉画像

takamy_kin

takamy_kin2

takamy_kin4

あと、ホントに筋肉好きで、なんと曲にまでしてしまう程なんですよ。

曲:へびめたバケーション!~筋トレ編 – 高見沢俊彦

暑い夏はメタルで吹き飛ばそうぜ ギラギラ太陽が苦手な俺だけど ライブで熱くなるのは最高 でもでもちょっと首が痛い ヘドバン決めて叫んでみれば 夏こそメタルだ!(▽▽)/ へびめたバケーション! 毎度真夏に燃える

高見沢俊彦さんですが、もともと中学時代はバスケット選手で上手いと有名だったんです。

中学3年の最後の大会で自分がシュートを外し負けてしまったことを責任に思って、

結局バスケットは中学で終わるんですが。。。

そもそもスポーツ系なので、筋トレといっても驚きはなかったですが、

今のビジュアルをみたら、スポーツとは程遠いですよね。

筋トレする感じがないだけに皆さんが驚くのも無理はないですね。

体力維持に努めていることが幸いしているのか、髪も肌もきれいですよね?

体力をつけることが若さにもつながるんでしょうね。

皆さんも適度な筋トレで若さをキープしませんか(笑)

<スポンサードリンク>

高見沢俊彦の筋トレ

takamy_kin3

高見沢俊彦さんの“懸垂”がハンパないんですよ。

今年、デビューから43年となるロックバンド・THE ALFEE。
ボーカル・ベース担当の桜井賢は62歳、ボーカル・アコースティックギター担当の、
坂崎幸之助と現リーダーでボーカル・ギター担当の高見沢俊彦は63歳です。

みんな「還暦」(笑)

昨年12月に放送された、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に

高見沢さんが出演したんですが、

還暦過ぎとは思えぬ若々しさで共演者を感心させました。

1時間39分あたりから高見沢さんのコーナです!

モデルやアイドルが愛飲するコールドプレスジュースを飲んで美容と健康を維持。

「コンサートを続けるため」にということから、

体力を落とさないように、トレーナ付きでジムで身体を鍛えています。

ジムではベンチプレスもやっていますが、

懸垂だと10回1セットを5セット

「形を変えながら」と実際に鉄棒にぶら下がっています。(笑)

「両腕の間隔を広げたり、中央に寄せて懸垂」

することで鍛える部位が違ってくるんだと説明しています。

高見沢さんが

「これは、力を入れちゃあダメなんです」

と言うと軽々と胸のあたりまで鉄棒の高さにくる懸垂を、

何回もやって見せたのには、 その場にいた出演者が全員呆気にとられました。

<スポンサードリンク>

高見沢俊彦とTHE ALFEE

THE ALFEEは、デビュー43周年を迎えています。

43年間、すべてのソングライティングを手がけたのは高見沢俊彦さん。

不定期でソロ活動を行ったりとほんとに元気に活動されています。

43年間、活動休止期間は一切ないこともまたすごいですね。

あまりTHE ALFEEを知らない人もいるかと思いますので、少し紹介させて頂きますね。
THE ALFEE_01
今でこそコンサート動員数も、日本トップクラスに昇りつめて、音楽シーンでは確固たる地位を築き上げました。が、デビューして9年間はヒット曲に恵まれず・・・

「メリーアン」がヒットするまで、なんと9年もかかりました。

そんな当時を高見沢さんが振り返ったコメントがこちらです。

↓ ↓ ↓

「3人とも次男坊で、ぼんやりしているんです(笑)。長く一緒にいても、喧嘩をしたこともない。20代の頃はよく、“お前たちには、ハングリー精神がない”と叱咤されました。3人の中で、僕だけが運動部で、根性だけは人一倍あったから……。それで、何とかヒット曲を書こう、と」

10代の頃にバスケットを辞めて、ロックと出会い、

「灰色の高校生活が明るくなった」と、

当時はレッドツェッペリンのコピーバンドをしていました。

とはいえ、メロディーを作るときに影響を受けているのは、

実はグループサウンズ。

高見沢さんがバンドを続けてこれた秘訣についても、

話されています。

こちら↓ ↓

「意志の力で、同じことを積み重ねることかな」

「今もキラキラの衣装を着続けるためには、トレーニングも不可欠」

とこれは筋トレにも共通していますね。

3人ともが60代。今は、一年一年向き合っているそうです。

私も昨年、THE ALFEEのライブに20数年ぶりに行きましたが、

トークに演奏にやはり一流だなと感じました。

このまま元気にバンドを続けていってもらいたいですね。

それでは、最後は高見沢さんの名言で締めたいと思います。

「愛と筋肉は、店で売ってない。自分で育てるしかない」

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ツタヤ
チケットキャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする