頑張れ受験生! ~ センター試験 



おはようございます。
今日はセンター試験の日です。
私の娘もセンター試験を受験します。
雪の予報でしたが、こちらは運良く?
雪も降らずで交通機関の乱れもなく、
無事受験会場へ辿りつけました。
このセンター試験について私は知識が全くなく、、
娘に的確なアドバイスもおくれずでした。
そこでこれを機にセンター試験の仕組みをさっと
纏めますので今年の受験者の父兄さんはもちろんですが、
来年の受験を目指している方にも参考にして頂ければと思います。

▼センター試験の仕組みについて

■センター試験の概要

センター試験への参加大学は694校になります。
内訳ですが、
国立82校、公立86校、私立526校
※昨年より1校増えて過去最多!

短大は154校(公立15校、私立139校)
※昨年より3校減少
全出題形式がマークシート方式で実施されます。
(全教科・科目が対象になります。)
出願期間は9月下旬~10月上旬になります。
現役学生の場合は在学高校から出願します。
試験は1月中旬の土日の2日間になります。

試験後に解答や配点が発表されるので自己採点し、
国公立大学の受験を目指す受験生は、
自己採点の結果を踏まえ、
出願する大学を決めるようになります。

■“受験の第一関門”

国公立大学及び私立大学の80%以上で利用されいる
ことから受験生にとっては第一の関門になります。

毎年1月中旬に、全国一斉に実施されます。
志願者数は約57万人(2017年度)になります。

※志願者数は昨年より1万2199人多い
57万5967人と発表されています。
国公立大学入試では、センター試験と
個別学力検査(2次試験)の合計点で合否決定と
なります。

センター試験は国公立大学の第一次試験だけでなく、
私立大学でもセンター試験での入試を実施する大学
が80%以上にもなっていることから、
私立大学を目指す受験生にとってもとても
重要な試験になっています。
※娘は私立大学を目指して頑張っています!!

■必要な受験科目を選択

大学毎に、センター試験での教科や科目が設定されていますことから、
志望する大学・学部・学科に合わせて、
受験する教科・科目を選択することになります。
昨年は、スマートフォンを使用する不正が発覚し、
カンニング等、2日間で計7件あったようです。
不正行為を行うと、すべての成績が無効になります。
今までの苦労が全て無駄になりますので、
正々堂々と闘いきって下さい。
平均点の中間発表は18日、
得点を調整することもあるようで、
20日に発表が予定されているようです。
受験生の皆様、2日間と試験は長時間になりますが、
体調に気を付けて頑張ってください!

最後に

保護者の皆様、
私たちは本当に応援しかできませんので、
試験が終わった子供たちに元気よく
「お帰り!」と言ってあげましょうね。
明日も寒くなりますが、
体調にはくれぐれも気を付けて下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ツタヤ
チケットキャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする